リフォーム費用が気になる方のために、リフォームについて暴露をします。今までのリフォームのイメージが変わるかもしれませんね。

リフォーム費用を徹底暴露サイト

窓リフォーム

窓リフォーム注意点

投稿日:

住宅について色々と悩みがある方は窓のリフォームを検討する方もいます。
窓のサッシを変更や窓のガラスを変更することで快適な生活になります。

窓のリフォームを検討していると窓には色々なタイプがあることを知ると思います。
何が一番良い窓の選択か悩む方も多いと思います。

今回は、窓リフォーム注意点の話をします。

窓リフォーム注意点画像

窓リフォーム注意点

窓リフォームの注意点としては現状の問題点を改善する窓リフォームすることが大切です。
窓リフォームの選択を間違えると今までの問題が改善されないという場合もあります。

例えば、結露対策や冬場が寒いということであれば
殆どの場合は内窓を設置する窓リフォームで改善することが可能です。

内窓であればマンションでも設置できる場合が殆どなので
多くの方が窓リフォームすることが可能です。

または夏の日差しが暑いことや西日を防ぎたいという方には
窓リフォームでガラスを変更することが注意点です。

Low-Eガラスと呼ばれる紫外線を遮断するガラスを利用することで
太陽の光は入って来ても熱は遮断することが可能です。

オフィスビルのガラス張りの建物ではLow-Eガラスを多く利用していますが
カーテンで太陽の熱を遮る必要がないので良いですね。

窓リフォーム注意点を検討

窓リフォームの注意点としては目的にあった窓リフォームをすることが大切ですが
左右に開く引き違いの窓よりもドアのように開閉する縦すべり窓の方が
何かと良いことは覚えておくと良いと思います。

引き違い窓は窓を閉めても窓の構造的に隙間があるので微妙に隙間風が入ります。
しかし縦すべり窓では冷蔵庫のように閉まるので隙間風が入ることはありません。

窓のサッシを交換する場合は引き違い窓よりも
縦すべり窓を選択するようにしたいものです。

また縦すべり窓のサッシは樹脂製で出来ています。
樹脂製というのはプラスチック製ですが断熱性が高いので
冬場も結露が発生しずらいく部屋も温かいサッシになります。

例えば引き違い窓で内窓を付けている部屋と
樹脂製の縦すべり窓を付けている部屋では
樹脂製の縦すべり窓の部屋の方が温かく快適です。

樹脂製の縦すべり窓は驚きの快適性があるものです。
もちろんサッシを変更するのは金額もかかり
マンションでは制限があるので内窓の窓リフォームでも充分快適です。

他にも窓ガラスを真空ガラスに変更することでも断熱性が向上しますが
窓リフォーム費用が高額になる可能性もありますし
真空ガラスの効果が永久でないことが注意点となります。

窓リフォームをして快適な生活をしたいものですね。

以上、窓リフォーム注意点の話でした。

【このサイトの人気記事】

▼人気記事NO.1
安心できるリフォームを賢くする方法
リフォーム、その前に・・・
悪徳業者に騙されないで賢くリフォームする方法。

詳細はこちらをクリック

▼人気記事NO.2
良いリフォーム業者の選び方
実はリフォームでも平均10万円以上の値引きをします!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。

詳細はこちらをクリック

▼人気記事NO.3
リフォームは、見積もりを複数の会社から取ると安くなる
これからリフォームをする方は、必見です。
複数の会社に見積もりをすることが初めましょう!

詳細はこちらをクリック

-窓リフォーム
-

Copyright© リフォーム費用を徹底暴露サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.