リフォーム費用が気になる方のために、リフォームについて暴露をします。今までのリフォームのイメージが変わるかもしれませんね。

リフォーム費用を徹底暴露サイト

屋根

屋根コロニアルの耐用年数

投稿日:

屋根がコロニアルの住宅では
コロニアルの耐用年数が気になると思います。

戸建て住宅では定期的なリフォームが必要と言われますが
住宅を購入して10年ぐらい経過する方は
コロニアルの耐用年数を気にしてメンテナンスを検討するものです。

今回は、屋根コロニアルの耐用年数の話をします。

屋根コロニアルの耐用年数画像

屋根コロニアルの耐用年数

屋根のコロニアルの耐用年数には色々な話があります。

私の自宅ではクボタ松下のコロニアル屋根を採用していますが
30年経過しても色の劣化がないデータがあります。
ですので屋根の塗装が30年する必要がないので
屋根の耐用年数は30年と考えることも出来そうです。

屋根コロニアルの耐用年数を検討

屋根のコロニアルの耐用年数が30年としても
屋根の下地の部分の耐用年数が30年持たない場合もあります。

屋根の下地はコンパネという木になっていますが
環境によっては下地の木が腐食して防水シートが裂けて
雨漏りの原因になる場合があります。
屋根の下地の耐用年数は色々な条件によって違うので
実際には点検して問題ないか確認する必要があります。

やはりコロニアル屋根の耐用年数は30年としても
定期的な10年毎に点検をして問題ないか確認した方が安全です。

屋根コロニアルは再塗装で耐用年数が伸びる?

屋根のコロニアルを再塗装することで
耐用年数が伸びるという話がありますが実際には殆ど関係ありません。

再塗装をした方が見た目が綺麗になり
コロニアルの屋根に雨が侵入しないという話ですが
再塗装をするぐらいなら屋根を葺き替えした方が価値があります。

今までコロニアル屋根の方は葺き替えでは
耐用年数が長いガルバリウム鋼板にした方がオススメと言われています。

以上、屋根コロニアルの耐用年数の話でした。

【このサイトの人気記事】

▼人気記事NO.1
安心できるリフォームを賢くする方法
リフォーム、その前に・・・
悪徳業者に騙されないで賢くリフォームする方法。

詳細はこちらをクリック

▼人気記事NO.2
良いリフォーム業者の選び方
実はリフォームでも平均10万円以上の値引きをします!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。

詳細はこちらをクリック

▼人気記事NO.3
リフォームは、見積もりを複数の会社から取ると安くなる
これからリフォームをする方は、必見です。
複数の会社に見積もりをすることが初めましょう!

詳細はこちらをクリック

-屋根
-

Copyright© リフォーム費用を徹底暴露サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.